余裕ある大人の女性

ひとりで行きつけのバーを訪れ、カウンターでしっとりとお酒を楽しむ。

それが私の憧れなのです。

大人の女性の余裕ある楽しみとでも言うのでしょうか。

私の中では先進的で自立心に溢れているイメージで、戦う女性の休息を感じさせられるのです。…とはいえ、私には行きつけのバーなんてないし、そもそもひとりで飲みに行く勇気すらない。

どうしたら憧れを実現させることが出来るのか、仕事と同じくらいの情熱で熟考してみました。

結論は『酔っ払って行け』です!

酔っ払って気が大きくなってしまえば、緊張や委縮も消え去るはずなのです。

(まぁ、この時点ですでに“大人の女性の余裕”なんてものは微塵もないんですけどね)憧れ実現化計画を練り始めて数か月後経った、平日の夜。

仕事を終えて帰宅してから缶ビールを数本飲み、己をほろ酔いの状態に仕上げました。

地元でお洒落そうなバーはすでに調査済み、あとはメイクを直して出発するだけ……。

出発する、だ、け……なのに、やっぱり勇気がでない!!

結局、余裕ある大人の女性になれない私は、新たな缶ビールを手にTVと会話するのでした。

でも実現化はいつか、きっと!!