掃除をしようと思っただけなのに・・・

掃除をしようと思い、隅に置いてあったお米の袋をよかすために持ち上げました。

するとぱらぱらぱらという音が聞こえてきます。

嫌な予感を感じながら床を見てみると、そこには大量のお米が散らばっています。

なぜ?と思い袋の底を見ると大きな穴が開いていました。

これでは袋を持ちあげるとお米が落ちるはずです。

掃除をしようと思っただけなのに、お米を一粒一粒集めなければならないという余計な作業が増えてしまった事に結構なショックを受けてしまいます。

手でお米をかき集めると、一緒に床のほこりや髪の毛も入ってくるし、何だか情けない気持ちになってしまいます。

室内は暖かいというのに、お米を置いていた場所は寒いところなので、一時寒さに震えながら虚しい気持ちでひたすら一人お米を拾い続ける事になってしまいました。