しもやけの思い出

風呂掃除や食器洗いなど、冬場でも水仕事をしなければならない機会はたくさんあります。

水仕事のせいか、ひさしぶりに手にしもやけができました。

大人になってからは、あまりしもやけになったことがありません。

しかし、小さい頃は、毎年のようにしもやけになっていました。

足の小指や薬指がしもやけになり、ぷっくり赤くなるのです。

しもやけが困るのは、暖かい場所にいるとかゆくなることです。

片方の足でもう片方の足の指をふみつけて、かゆみをまぎらわせていました。

寒くても外で遊ぶのが好きだったので、しもやけができたのかもしれません。

大人になった今、手にできたしもやけを眺めていると、子どもの頃を思い出します。

春になれば治ると思うので、早く春になってほしいです。