読み終わった本は?

読み終ってしまった本の始末の仕方について悩んでしまいます。

元は古本屋さんで安く買ったものなので、数冊の本を買い取りに持っていったところで、そんなに大した金額になるとは思えません。

しかし、本を捨てるとなると、何となく気が引けてしまいます。

今の時代、電子ブックなどを利用すると、そういった心配もなくなりそうなものですが、あれだとどうも本を読んでいるという実感がなく、目も疲れてしまうので、私には実物の本が似合っているようです。

面白くて今後も読み返すであろうと思える本は処分しようなんてことを考えたりはしませんが、中には期待外れの本もたくさんあって、もう2度と読まないだろうという本もあります。

それらをうまく処分する方法について悩んでしまいます。

毛玉との格闘

洗濯をよくしているせいか、今の季節の服にはすぐに毛玉がついてしまいます。

毛玉がつくと、どうしても貧乏くさく見えてしまうので嫌なのですが、こればかりはどうしようもありません。

そんなに安い服をかている訳ではないと思うのですが、洗濯するたびにだんだんと毛玉が増えてきます。

モーターの着いた毛玉取りを買って試してみましたが、すぐに毛玉が刃に絡んでしまってあまり役に立ちませんでした。

T字のカミソリでなでると毛玉が取れると聞いたこともあったので試してみましたが、思ったほど簡単に取ることができません。

後は時間がある時に手で少しずつ取るしかなさそうです。

洗濯をしなければここまでつくことはないのかな?

とも思いますが、やはり服はこまめに洗濯したいです。

毛玉の出ない服、どこかにないでしょうか?

かさぶたができるとついつい・・・

腕にかさぶたができてしまいました。

ここまでくれば、後はもう乾燥して治るだけです。

それなのに、つい無意識に手がかさぶたに伸びてしまい、いつの間にかかさぶたを取っています。

もちろん無理矢理取っているので、かさぶたをとった場所からは血が出てしまっています。

数日すると、またきれいにかさぶたができています。

しかしやっぱり無意識で触ってしまうのです。

放っておけば数日で治るものを、触ってしまうことで一向に治りません。

いけないと分かっていますが、ついつい触ってしまうこの行動を何とかしなければいけないと思いつつ、寝ている時も触っているようです。

いつになったら治るのか?

本当に困っています。

自分の責任だとはもちろん分かっていますが、触らずにはいられない自分の心も弱さを何とかしなければ、治るものも治らないですね。

夢を見ました

今朝こんな夢を見ました。

呼び止められ、相手と話をするうちに、思わずとりみだしてしまいました。

あの人は知っていた?私が○○であると?

復旧作業は遅々として進まない。

腰が痛い。交代の人間が来ました。

作業を私と交代することになった。

もうすこしーわかっているよ。

充分だ。よかった、すみません。

あの人と誰かが話をしている。

とぎれとぎれにしか聞こえません。

と、ここで目が覚めました。

おなかがすきました。

夢を見るとだいたいは短編です。

とぎれとぎれの断片、1シーンだけが夢で展開されます。

人によっては夢を連続で見られるとか、長編小説のようで、ある意味もう一つ現実を生きているようです。

ぜひ続きをみたい夢があるので、それをする方法があるなら、知りたいものだと思いました。

面倒だけど甘い幸せ

料理はあまり好きではありませんが、お菓子作りは別物です。

一番の楽しみはもちろん作ったものを食べる事ですが、お菓子だと作る作業も楽しいから不思議です。

見た目はもちろん売り物には敵いませんが、材料の工夫次第では金額もカロリーも大幅にカットできるのは魅力的です。

甘さや大きさも自分で決められますしね。

お菓子作りは洗い物の量が半端じゃなく多くなるけれど、いつもは体重や財布と相談しながら食べているスイーツも、自分で作ればある程度は食べ放題状態で幸せ。

面倒な後片付けも、冷やしたり焼いたりしている待ち時間に、これから食べる楽しみが待っているかと思えば頑張れますしね。

普段はなんとなく洋菓子を作ることが多いけど、次回は和菓子に挑戦してみようかな。

休日の朝食にモーニングを食べました

先日久々に近くの喫茶店へモーニングを食べに行く機会がありました。

以前は休日になるとよくモーニングを食べに行っていたのですが、最近では休日でもモーニングを食べに行くよりはゆっくり家で寝ていたいなんて思い、なかなか行く機会がありませんでした。

ですが先日たまたま早起きをしたので朝食はモーニングを食べに行こうと思い立ち、いそいそと出かけてきました。

ゆっくりコーヒーを飲みながら後片付けのことも考えず、朝食を食べることができるというのもたまにはいいものです。

おまけにその喫茶店は小さいながらも落ち着いた空間なので、朝から癒されてきました。

一度そういった気分を味わうとまた近いうちに行こうかなと思えるため、休日くらいはたまに贅沢気分を味わいに行こうと思います。