無計画旅行

この間、夏休み明けに子供が友達と交換するだろうからお土産を買いたいと言うので家族で隣県へドライブに行きました。

途中のサービスエリアでおやつを食べたりそもそも家を出た時間が遅かったこともあり、ついた頃にはもう夕方です。

これではお土産が売っている場所は閉まってしまうかもとスマホで行先を探していたのですが、夫が突然「それならここで一泊していこう」と言い出しました。

ホテルもとってないのに無理だよと言いつつも一応調べてみると、なんと近くに一軒だけ素泊まりで泊まれるホテルに偶然空きがあったのです。

スマホって本当に便利ですね。

翌日は朝から観光地を周りお土産も購入して、かなり無計画で突発的な旅行でしたがとても楽しい休みを過ごすことができました。

ママ友とのお付き合い

子供が大きくなるにつれて、ママ友とのお付き合いも微妙になってきました。

それはなぜならば、子供の進学事情が関わってきているからです。

小さい頃は一緒に仲良く遊んでいれば良かったのですが、進学する学校のランクで嫉妬ややっかみが出てくるんですよね。

うちは県内一の学校を受験しようと頑張っているのですが、ママ友のお子さんはそこまでの学力ではないようで、、、。

「そんな進学校に入ってもついていけなければ意味がない」「滑り止めはどこの学校にするの?」だとか心ないことばかり言ってきます。

受かれば「なんであの夫婦の子供が受かったんだ?

(うちの夫婦は低学歴)」と言われそうだし、落ちれば「やっぱり無理だったのよ」と言われそうだし。

ああ、憂鬱です。

登山に行ってきました

先日の土曜日に登山に行ってきました。

晴れ予報だったので急遽決めた登山でしたが、5人もの仲間が集まり自然を満喫することになりました。

登山は早出と言いますので早朝5時には集合し、8時過ぎには登り始めました。

かなりお天気な日だったため風が吹いても熱風でしたので、小さな沢の水だけが癒しでした。

標高は1700メートルとそこまで高くない山でしたので、高山病の心配もなく登れました。

頂上では各々のお弁当を楽しみ、食後にはコンロを持っている友人がコーヒーを淹れてくれました。

この登山で学んだことは、水分は必ず一本余計に準備しておくことです。

あ、ギリギリかな?と思った途端に不安になりました。

これからも安全は確保して登山を楽しみたいと思います。

オールインワンゲル

現在は化粧水と乳液を母と一緒に使っていますが、個人的にはオールインワンゲルが大好きです。

顔が部分的に乾燥しやすい私にとって、浸透力と保湿力に優れたオールインワンゲルはとても重宝できるアイテムです。

しかしながら欠点もあり、わりと硬めのオールインワンゲルは厚塗りになりがちなので、洗顔をしっかりしないと汚れとして残ってしまいそうな気がします。

このようなことから、厚塗りにならないさらっと塗れるオールインワンゲルが一番いいと思います。

ジャータイプだと場所も取るので、ボトルタイプで気軽に使えるさらっとタイプのゲルがあると嬉しいです。

肌ラボの保湿ジェルで、以前とても良い商品を使ったことがあります。

機会があったらまた使いたいです。

また見るのを再開してみた

もう何度見たか、数え切れないぐらい見る程大好きなドラマの一つの宮廷女官チャングムの誓いです。

韓国ドラマの時代劇で一番面白いドラマだと思います。

その中で、チャングムと師匠のハン尚宮の永遠の別れのシーンが切なくて悲しいので、そこのシーンを見ない為にしばらくドラマを見るのを止めていました。

ですが、最近チャングムがチェジュ島に流刑になり、そこで医女として修行するシーンが始まったのでまた見るのを再開しました。

やっぱり面白いんですよね。

ただ、医女としてのチャングムも好きですが、前半のスラッカンの女官で、料理を作っているシーンは楽しかったので、美味しそうな料理をあまり見れなくなった事が寂しいですね。

でもテンポ良く進むドラマなので大好きです。

今頃から大掃除?(笑)

夏場のこの時期に、大掃除をすると良いと何かで見たことがあります。

気温が高いので色々乾くのも早いし、何より水を使う作業が冬場程苦にならないからだそうです。

確かに、この時期に水を使うのは全く苦になりません。

というか、頭から水を被りたいぐらい(笑)。

体に水が掛からないように気にしながらチマチマと洗う冬場に比べて、断然作業効率も上がります。

ということで、ここ数日はお日様が昇りきらない時間に、ベランダで網戸やゴミ箱など大物洗いを決行中です。

ベランダが狭くて乾かしておく場所がないので、一日一つが限界ですが、少しずつ綺麗になっていくのは気持ちが良いです。

大物洗いのお陰でベランダも朝一に水が撒かれた状態になるので、しばらくは涼しいですしね。

何より、朝一で水遊びをした気分に浸れるのが続いている一番の理由かもしれませんが。

余裕ある大人の女性

ひとりで行きつけのバーを訪れ、カウンターでしっとりとお酒を楽しむ。

それが私の憧れなのです。

大人の女性の余裕ある楽しみとでも言うのでしょうか。

私の中では先進的で自立心に溢れているイメージで、戦う女性の休息を感じさせられるのです。…とはいえ、私には行きつけのバーなんてないし、そもそもひとりで飲みに行く勇気すらない。

どうしたら憧れを実現させることが出来るのか、仕事と同じくらいの情熱で熟考してみました。

結論は『酔っ払って行け』です!

酔っ払って気が大きくなってしまえば、緊張や委縮も消え去るはずなのです。

(まぁ、この時点ですでに“大人の女性の余裕”なんてものは微塵もないんですけどね)憧れ実現化計画を練り始めて数か月後経った、平日の夜。

仕事を終えて帰宅してから缶ビールを数本飲み、己をほろ酔いの状態に仕上げました。

地元でお洒落そうなバーはすでに調査済み、あとはメイクを直して出発するだけ……。

出発する、だ、け……なのに、やっぱり勇気がでない!!

結局、余裕ある大人の女性になれない私は、新たな缶ビールを手にTVと会話するのでした。

でも実現化はいつか、きっと!!